金券ショップで収入印紙を仕入れよう

収入印紙を買う場所としては、郵便局が一番メジャーかと思います。コンビニにも売っていますが、一番よく使う200円しか置いてなかったり、ということもあります。あとは法務局内の印紙売り場。

収入印紙は「郵便局、郵便切手類販売所又は印紙売りさばき所」にて購入することができます。しかし、これ以外の場所でも扱っているところがあります。その1つが金券ショップです。

そもそも、ちょっと安い

金券ショップでは、収入印紙が額面金額の98~99%前後で売られています。1万円の印紙であれば、9900円くらいで買えます。店によって金額はまちまちですが、額面よりは少しだけ安くなります。
もちろん、9900円で買っても1万円の印紙は1万円の印紙として使えますから、郵便局等で買うよりは差額分得することになります。

しかし、金券ショップで買う際のメリットは他にもあります。

消費税の課税仕入れにすることができる

収入印紙を買う際、通常は消費税がかかっていません。よく一般に200円の収入印紙を買うときには、消費税が含まれていないんです。

でも、常に消費税がかかっていないかと言うとそうでもなく、収入印紙を「郵便局、郵便切手類販売所又は印紙売りさばき所」以外の場所(金券ショップ等)で購入した場合には、しっかり消費税がかかっています。

そのため、消費税の課税事業者で本則課税を利用している場合は、収入印紙の購入を課税仕入れにすることができ、納付すべき消費税の節約に繋げることができます。

金券ショップの欠点

在庫があるとは限らない!ということですね。



収入印紙(印紙税)一覧表 TOPへ