『クレジットカードのショッピング枠を現金化』にご注意を

SINCE
 
 
TOPページ
 
 

検証その1

利息を計算してみよう
 
 

検証その2

このサービスは合法?
 
 

検証その3

97%以上はありえない
 
 

検証その4

買取屋という手口
 
 

検証その5

カード会社の会員規約
 
 

検証結果から見えてくるものは

現金化のまとめ
 
 

利用者の声を募集しています

現金化体験談
 
 

体験談その2

現金化体験談その2
 
 
参考リンク
 
 
 
『クレジットカードのショッピング枠を現金化』にご注意ください!

インターネットでよく目にする「クレジットカードのショッピング枠を現金化」の文字。2ちゃんねるの広告等で見たことのある方は多いのではないでしょうか。これはその名の通り、クレジットカードのショッピング枠を利用してお金を借りるようなシステムです。

通常、クレジットカードには元からキャッシング枠が付いています。キャッシング枠を使い切るとそれ以上お金を借りることはできませんが、キャッシング枠が一杯でもショッピング枠が残っていればカードで買い物はできます。それで金券等のモノを買って売るなどして換金してしまえば、結果的に現金を手にすることができます。

ショッピング枠が現金になる。

「クレジットカードのショッピング枠を現金化」の多くは、ショッピング枠で買い物をさせ、その後キャッシュバックを行うことで現金化を行っています。中には売った商品を買い戻すことで現金化する業者もいます。結果、消費者は「クレジットカードの枠を使って現金を手に入れた」、ショッピング枠が現金になる、ということです。

しかし当然のことながら、カードで買った分は後で返済することになりますから、実質的にはお金を借りているのと同様です。

お金を借りると言えば、本来それを業として行っているのは消費者金融。消費者金融の金利は20%台が一般ですが、「ショッピング枠を現金化」では90%といった高キャッシュバック率を前面に出し、消費者金融より金利が安いということをアピールしようとしています。

90%のキャッシュバック率であれば、100万円の枠を使って90万円のキャッシュバックを得ることになります。これだけだと一見「利息は10%?」に見えます。

しかし、本当にそうなのでしょうか。何か問題点はないのでしょうか。どこか引っかかります。

そこで、このサイトでは「クレジットカードのショッピング枠を現金化する商法」にスポットを当て、その仕組みや問題点を解説していきます。

「やはり、そこには落とし穴が!」



新着情報

2012/01/23 現金化体験談その2をUPしました。

消費者庁が「ストップ!クレジットカード現金化」キャンペーンのサイトを開設しました。


体験談募集中!

当サイトでは、実際に現金化を利用された方の体験談を募集しております。現金化に成功した例、失敗した例、どちらも大歓迎です。投稿いただける方は「info@itst.jp」まで直接メールで送信お願いします。詳しくは現金化体験談まで。

 
 
   
管理・運営 合同会社ITステーション サイトご利用上の注意

古物商許可 / 自分でできる内容証明郵便 / 支払督促 / 商標登録
雇用保険・失業保険 / 火災保険・地震保険 / 失業保険&退職マニュアル

  • SEOブログパーツ

このウェブサイトはリンクフリーです。